せつぶんのおはなし


 節分とは、もともと季節の節目を指す分かれ目のことでした。春の始まりのことを立春といいますが、節分はその前日にあたります。今の暦では2月3日が節分ですが、昔の暦(旧暦)では立春を1年の始まりとしていたので、節分は大晦日にあたりました。節分は豆まきで厄を払い翌日からの新しい1年を迎える大切な日でした。

節分とは、季節の移り変わる時の意味で、節の変わり目には邪気が入りやすということから、その邪気を払って福を呼び込む「追儺(ついな)」という行事が行われるようになったことが、豆まきの始まりといわれています。

豆まきのための重要なものといえば「大豆」。なぜ大豆?と思いますが、大豆はもともと満州が原産地とされていて、中国ではしたたかな生命力をもつこの穀物を重要視し、しだいにまじないに使われるようになり、それが日本に伝わりました。
まいた豆から芽が出ると良くないといわれていることから、大豆は生ではなく煎ったものを使用します。

他の説もあります。その昔、京都の鞍馬山に鬼が住んでいて人々を苦しめていました。そこへ七福神の一人、毘沙門天が現れ、三石三斗(約600リットル)の豆を鬼の目をめがけて投げるように言い残しました。悪魔のような鬼の目、つまり「魔目(まめ)」めがけて豆を投げれば「魔滅(まめ)」につながる、というわけです。

地方によっては、昔から季節の変わり目には鬼が出没すると考えられていたので、ひいらぎの枝にいわしの頭を付けたもの(柊鰯)を戸口や門にかけて、鬼を追い払う風習があります。
ひいらぎのトゲで鬼の目を突くということや、いわしの頭の臭いが、鬼を追い払うと言われていたそうです。

最近では、恵方とはその年の最も良いとされている方角を向いて太巻きを食べる風習も定着してきましたね。太巻きは福を巻き込む寿司で、中の具は七福神にあやかり7種類の具が入っています。縁を切らないように包丁で切ったりせず、丸ごとのまま1本食べます。
恵方の方角を向き、願いごとをしながら、最後までしゃべらないで食べるのが一般的だそうです。しゃべると運が逃げてしまうとか。

   節分でも色々な風習があって面白いですね。



 


冬のおすすめサイト

●節分の鬼のお面をフリー素材を使って手作りしよう

今年の節分は、鬼のお面を手作りしてみませんか?
カラープリンタがあれば、インターネットで無料ダウンロードできるフリー素材を使って、ユーモラスな鬼から本格的な鬼まで簡単にお面作りができちゃいます。

https://allabout.co.jp/gm/gc/189968/



●節分のいろいろレシピ

節分のレシピや作り方をご紹介。節分といえば豆まきや恵方巻。これらにちなんだ変り種レシピを紹介しています。
https://recipe.rakuten.co.jp/category/55-671/




●余った節分豆をおいしく活用!おかず・おやつに変身できる福豆レシピ

楽しい節分のあと、余ってしまう豆。そのままポリポリ食べるのもおいしい!ですが今年は、ご飯のおかずやスイーツにできる福豆レシピにチャレンジしてみませんか?
https://kinarino.jp › グルメ › 食材 › 豆 › 大豆