せつぶんのおはなし


   インフルエンザとは、インフルエンザウイルスの感染によっておこる病気です。主な症状としては、高熱(38~40度)や頭痛、筋肉痛、全身倦怠感などの全身症状と、のどの痛み、咳や痰などの呼吸器の急性炎症症状などがみられます。
 インフルエンザは通常のかぜと比べ、症状が重く、全身症状も顕著に現れます。そのため、高齢者がかかると肺炎を併発したり、持病を悪化させたりして重篤になり、最悪の場合は死に至ることもあります。また、潜伏期間が短く感染力が強いことも特徴で、毎年、流行期の12月下旬から3月上旬にかけては多くの方がインフルエンザにかかっています。

 インフルエンザウイルスに感染後、1~3日間の潜伏期間を経て、突然38~40度の高熱が出て発病します。それと同時に、悪寒、頭痛、背中や四肢の筋肉痛、関節痛、全身倦怠感などの全身症状が現れます。これに続いて、鼻水、のどの痛みや胸の痛みなどの症状も現れます。発熱は通常3~7日間続きます。
健康な成人であれば一週間ほどで治癒に向かいますが、インフルエンザウイルスは熱が下がっても体内には残っているため、他人にうつす恐れがあります。流行を最小限に抑えるためにも、一週間は安静にしておくことが大切です。

インフルエンザは冬場に流行します。それは、インフルエンザが空気感染すること、冬場は空気が乾燥すること、また寒くて乾燥した空気は気道粘膜の抵抗力を弱めることなど全ての面でインフルエンザウイルスにとって好条件が整っているからです。
インフルエンザの予防は、流行前に予防接種を受けることですが、日常生活で気をつけることもありますので実践していきましょう。


【予防接種編】

インフルエンザの予防方法-予防接種 インフルエンザの予防接種を受けたら絶対にインフルエンザにかからないというわけではありません。成人の場合、インフルエンザの発病阻止率は70%~90%ぐらい、小児の場合はさらに低くなります。
とはいえ、予防接種とは、病気にかかりにくくしたり、かかっても重くならないようにすることが目的ですので受けておいたほうがいいでしょう。

 

【日常生活編】

(1)流行期には人ごみを避ける

 

人ごみを避けるといっても、冬場外出せずにずっと家の中にいることはできませんよね。外出時はなるべくマスクをつけるようにしましょう。マスクを着用することによって、他人からの感染を防ぎ、また他人に感染させることも防ぐ効果があります。

(2)外出後は、うがい、手洗い、洗顔をする

 

うがい、手洗いはしている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。実は顔などにもインフルエンザウイルスは付着している場合があります。万全を期すためにも洗える部位は洗うようにしましょう。

(3)室内の湿度を保つ

 

インフルエンザウイルスは乾燥した状態で活発に活動します。インフルエンザウイルスの活動を抑えるためにも加湿器などを使って部屋の湿度を保ちましょう。その際、定期的に室内の換気も必ず行ないましょう。

(4)体力を保つ
  体力が低下していると、インフルエンザウイルスに感染しやすくなります。バランスのとれた食事、十分な睡眠、そしてあまり厚着をしないように心がけましょう。


 


おすすめサイト

●家族で効果的な風邪&インフルエンザ対策5箇条

風邪もインフルエンザも人から感染するものなので、家族同士でも対策は必須。マスクや予防接種など、かからない対策についてきちんと知っておきましょう。

https://www.babytown.jp/b/childcare/sick-child/bt1050.html


●マメたろうとインフルエンザ(キッズ向け)

子どもさんたちに、インフルエンザの予防方法とかかってしまった時に人に移さない方法を、厚生労働省のインフルエンザ予防のポスターに使われている「まめ」のキャラクターを使ってわかりやすくご紹介します。

https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg7361.html


●風邪・インフルエンザ予防レシピ

風邪予防に効果的な3つの食材をピックアップ!3つの風邪予防ポイントとあわせてチェック!

https://www.bob-an.com/column/monthly/201412_1/