おつきみのおはなし


 秋の深まりとともに、野山が赤や黄色で彩られる季節になりました。その美しさに誘われて、紅葉狩りに出かけませんか?空気もお弁当も美味しくて、日本の秋に感謝したくなりますね。

紅葉(こうよう)って日本だけのもの?

いいえ、他の国でも紅葉が見られます。でも、日本の紅葉は格別なのです。

世界の国々の中でも、とりわけ日本の紅葉が美しいと言われているのは、日本の気候風土のなせる技!そもそも、紅葉が見られるのは落葉樹と呼ばれる種類の木だけですが、世界の国々でも落葉樹林がまとまっているのは、東アジアの沿岸部と北アメリカ大陸の東部、ヨーロッパの一部にすぎません。

地球の3割ほどが森林ですが、一番面積が広いのはロシア・アラスカ・カナダなどに広がる針葉樹林。次に広いのはジャングルなどの熱帯雨林。日本は国土のおよそ7割が森林で様々な落葉樹が生えていますし、寒暖の差が結構ありますから、いたるところで美しい紅葉を楽しむことができるわけです。


「紅葉狩り」ってモミジの木を採集すること?

「紅葉」はモミジの木だけではありません。

モミジと言えば赤く色づいた手の平のような葉を思い浮かべますが、これは「イロハカエデ」というカエデ科の植物のこと。「イロハモミジ」「ヤマモミジ」「オオモミジ」など何々モミジと呼ばれている木は全てカエデ科の植物です。

こうしたカエデ科の紅葉(こうよう)が特に見事なので、カエデ科の植物を「モミジ」と呼ぶこともありますが、秋に紅葉・黄葉する植物全般をさして、広く「モミジ」と表現します。

もともと「モミジ」とは、染料をぎゅっと揉んで染色するという意味の「もみづ(揉出)」という言葉を語源として、木々の葉が色づく様子を示す動詞だったそうで、「紅葉」と書いて「もみじ」と読むようになりました。

また、「ぶどう狩り」や「きのこ狩り」と違い、観賞するもの。紅葉見物に出かけることですから、枝葉を採取してはいけません。

もともと平安時代の貴族の間で始まり、紅葉を見物しながら宴を開き、その美しさを和歌に詠んで勝負する「紅葉合」が流行したそうです。その後、江戸時代から庶民にも広がり、季節行事として定着していきました。

春の花見に対して秋の紅葉狩りというのは、日本人の心を動かす自然の饗宴。「狩る」という言葉には「花や草木を探し求める」という意味があります。

 

 

 

おすすめサイト

●秋のイベント・おでかけ特集

 秋はハロウィン、スポーツ、アートなど、秋ならではのイベントに子どもと参加したり、コスモス畑や紅葉を見ながらピクニックも! 秋の連休・シルバーウィークは親子でたくさんお出かけに行こう!

https://iko-yo.net/topics


●秋はキッズと、どんぐり工作で遊ぼう!

里山へ出かけたり、公園を散歩するだけでも秋の深まりを感じるこの頃ですが、ふと足元を見ると、どんぐりが転がっていたりします。そこで「どんぐり工作」にチャレンジ!

https://allabout.co.jp/gm/gc/184544/



●秋の遊び・親子クッキング

「今日、何をして遊ぼうかな?」と思ったときに、必ず役立つアイデアいっぱい!

http://benesse.jp/contents/hint/autumn/05/01.shtml